着物に関する情報が満載!

知っておたい着物の暦

学校の制服は夏服と冬服の2種類ですが、着物は袷、単衣、夏物の3種類です。
袷は基本的には10月から5月までとなっています。
単衣は6月と9月に着るもの、というのがもともとの習わしです。
かつては呉服屋さんも、着る時期が長い袷を勧めていましたが、この頃は単衣に人気が出てきました。
7月と8月は夏もので、絽や紗、麻など、生地自体が透けていたり、さらっとした着心地の夏素材の着物を着ます。
半幅帯なら別ですが、6月から9月までの間の帯は、フォーマルなら絽綴れ、名古屋帯なら絽や麻、というように夏素材の帯を合わせます。
帯締めや帯揚げ、半襟も絽や紗、麻などの夏ものを合わせるようにします。
ただし地域によっては、9月中旬くらいから袷用の半襟や帯をするところもあります。
コーディネートするときは、6月は淡い青や緑を用いて爽やかな雰囲気に、7月・8月は透け感や白を駆使して、より涼しげに、9月はベージュや黄色など初秋らしい色を使うように心がけます。
単衣を着たけど少し肌寒いときには、かっぽう着をプラスしたり、5月でも暑いときには白い麻の帯にしたり、気温が高めの日には単衣にしたりと、着物で気持ち良く過ごせることが一番大事です。

着物姿をきれいに見せるコツ

着物姿では、まず、真っ白の半襟ではなく、生成りの半襟を使ったほうが、肌の色をキレイに見せてくれます。
正絹の白い半襟が少し黄ばんだものがあったら、捨てずに使うようにするといいでしょう。
ただし、白地の着物の場合は、半襟が汚れて見えてしまいますので、その場合は真っ白の半襟を使います。
襟もとは、長襦袢を着るときにバストを包むようにして深く合わせ、のどのくぼみくらいに襟を合わせます。
襟の角度が鋭角になるほど、老けて見えてしまいますので注意しましょう。
襟を抜くときは、横から見ておしりの高さに合わせるようにすると、バランスが良くなります。
写真を撮る場合には、白っぽい着物を着ると顔のシミやシワが目立たなくなります。
エレガントに見せたいときは少し長めに着て、ちょっと斜めに立ち、あごを引いてポーズをとります。
下腹が気になるなら、一番出ているところに、おはしょりの線がくるようにするとスッキリします。
また、お太鼓のタレをおしりの一番出ているところに合わせると、おしりが小さく見えます。
おしりの位置が下がると、帯の位置も下がってくる仕組みです。
年齢を重ねた人は帯を下に、若い人は上に、というのには意味があって、おしりのラインが基になっています。

注目サイト

マグネットの加工・販売はレインボーオフィスサポートにお任せ!

マグネット印刷

血行促進や消臭効果や様々な癒し効果が期待されます。

不眠症対策 枕

生花をドライフラワー加工、ブーケのイメージをそのままにお花を立体額に残す保存方法です!

ブーケ 保存

調布・世田谷エリアの、静かな住宅地をご紹介します。

apartment tokyo

みなさまの髪のお悩みを解決します。

美容院 新宿

Last update:2015/7/9


ページ先頭へ▲